2012年07月08日

メディア掲載 2012年7月現在

PHP「のびのび子育て」8月号

小学館「ドマーニ」8月号

小学館「edu」 4月号     2012.3.15.
私から子供へのプレゼント 

赤ちゃん本舗のフリーペーパー「赤ちゃんaha!」3月号 2012.2.15. 
特集「赤ちゃんの世界を広げる習い事」

AERA with BABY 2012年 2月号 
賢いママはやっている「おんぶ育児のススメ」

プレジデント・ベイビー 1月号 
特集「子どもの脳がひらめくお部屋 〜育児工学的に大事なのは、子ども目線の部屋づ くり〜」

FIT No.43  2012 冬号 
カラーインタビュー(P.11-15)
「昭和30年代の家族関係を取り戻そう 〜女性の立場から日本の人口減少を考える〜」

Ane Can 12月号
別冊付録「妊娠・出産これだけは知っておきたい!BOOK」 知っておきたいもやもや解消Q&A 環境

赤ちゃん本舗のフリーペーパー「赤ちゃんaha!」3月号 2011.2.15.
「ベートーベンよりもモーツァルト!? 胎教や赤ちゃんにいい音楽って」

マリソル 1月号 「デキる人のこだわり手帳術」
(2010.12.6.)「デキる人のこだわり手帳術」

プレジデント ベイビー 
(プレジデント2010.11.13.号 別冊)2010.10.15.
「ドクターに聞く ベビーカーチャイルドシートの選び方」

赤ちゃん本舗のフリーペーパー「赤ちゃんaha!」11月号 2010.10.15.
「早寝早起きと食生活がカギ!? 赤ちゃんを幸せに脳が関係するって本当?」

ニッキンマネー11月号 2010.10.5.
「育児に励む お母さんにエール」

赤ちゃん本舗のフリーペーパー「赤ちゃんaha!」9月号 2010.9.15.  
「一生で一番の成長期!? 赤ちゃんの脳の発達に注目!」

赤ちゃん本舗のフリーペーパー「赤ちゃんaha!」7月号 2010.7.15.  「赤ちゃんと一緒に育っていく!? パパと父性の関係」

<テレビ出演>
NHK「首都圏ネットワーク」ミドルエイジクライシスへ出演

平成23年2月7日(月)NHK総合
18時10分〜「首都圏ネットワーク」
ミドルエイジクライシス〜産みたい育てたい〜
「生きる力ー母の模索」
posted by 小谷博子 at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

2009年4月1日現在

<論文>
書籍  5冊
論文・総説(査読付き論文)   英文    5本   
                邦文    6本
論文・総説(査読なし論文)   英文    15本
                邦文    35本
口頭発表            国際学会 23本
                国内学会 44本

<メディア>
新聞        28本
雑誌        45本
テレビ       17本
ラジオ       1本
DVD       2本

_______________________________________________

書籍 5冊
1)小谷博子 「30才からのオメデタトレーニング!」新紀元社,2009.2.23.発行、
2)小谷博子 「出産で女性は賢くなる」ごま書房 2006.7.12. 発行
3)進純郎、柳澤美香、小谷博子「わたしが一番輝くとき-自然なお産にチャレンジ-」 医学映像教育センター 2007.1.31.発行
4)吉沢蛍、小谷博子「初めてママになるあなたへー8%の奇跡―」講談社2007.9.13.発行
5)吉沢蛍、小谷博子「ウェデングパヒューマー」講談社2007.11.13発行

論文・総説(査読付き論文)
英文5本
1) Hiroko Kotani, Hiroshi Kawaguchi, Takashi Shimoaka, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Hidehiro Ozawa, Kozo Nakamura, Kazuto Hoshi "Strong Static Magnetic Field Stimulates Bone Formation to a Definite Orientation in vitro and in vivo" Journal of Bone Mineral Reasearch 17(10):1814-21.
2) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Adam Curtis “Magnetic orientation of collagen and bone mixture” Journal of Applied Physics 87(9):6191-3, 2000.
3) Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Sakae Tanaka, Hiroshi Kawaguchi, Kozo Nakamura, “Measurements of protein contents and alkaline phosphatase activities of osteoblast-like cells exposed to repetitive pulsed magnetic feilds” Applied Electromagnetics and Mechanical Systems P.64-67 (K. Nagaya and D. Ioan , Tokyo. 1999)
4) Akinori Umeno, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno “Quantification of adherent cell orientation and morphology under strong magnetic fields.” IEEE Transactions on Magnetics 37(4):2909-11 , 2001.
5) Mari I Ogiue-Ikeda, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Yuko Sato “Inhibition of leukemia cell growth under magnetic fields of up to 8 T.” IEEE Transactions on Magnetics 37(4):2912-4, 2001.

論文・総説(査読付き論文)
邦文6本
1) 小谷博子、ベビーマッサージの効果とその重要性. aromatopia No.74(2006),P.7-12
2)小谷博子、上野照剛 「骨形成と磁場 (総説)」、放射線生物研究 37(3):233-42,2002.
3)小谷博子、岩坂正和、上野照剛 「直流磁場による骨芽細胞の配向制御」、日本応用磁気学会誌25(4-2):1167-70, 2001.
4)小谷博子、岩坂正和、上野照剛、川口浩、中村耕三 「静磁場による細胞の制御」、運動療法と物理療法11(4):269-273, 2000.
5)小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩、中村耕三 「連続パルス磁気刺激による骨芽細胞の変化」、日本応用磁気学会誌23(4-2):1525-1528, 1999.
6) 中川秀紀、小谷誠、関野正樹、小谷博子、上野照剛、分枝鎖状化合物の封入による常磁性リポソームキャリアの膜動態制御に関する基礎的研究、日本生体磁気学会誌Vol.19(2) P.23-29.200

論文・総説(査読なし論文)
英文 15本
1) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Kazuto Hoshi, Kozo Nakamura, Hiroshi Kawaguchi “The effects of strong static magnetic fields on bone formation.” 24th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society Abstract Book :53-4, 2000.
2) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Kimiko Takahashi, Joji Ando “Orientation of osteoblasts and endothelial cells on magnetically oriented protein fibers.” World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering Abstract 2000
3) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, “The magnetic control of osteoblasts after exposure to 8 T Magnetic fields.” World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Abstract, 2000
4) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Hiroshi Kawaguchi, Kozo Nakamura, “Control of osteoblast orientation by magnetic field.” 22th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society Abstract Book :167, 2000.5
5) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Adam Curtis “The control of osteoblast orientation by using the magnetic orientation of collagen” 4th International Conference on Cellular Engineering Abstract Book :405, 1999.
6) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Adam Curtis “Magnetic orientation of collagen and bone mixture” 44th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials Abstract Book :246, 1999.
7) Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Sakae Tanaka, Hiroshi Kawaguchi, Kozo Nakamura, “Measurements of protein contents and alkaline phosphatase activities of osteoblast-like cells exposed to repetitive pulsed magnetic fields.” Digests of the 2nd Japanese Romanian Joint Seminar on Applied Electromagnetics and Mechanics (JRJSAEM '98):64-5, 1998
8) Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Sakae Tanaka, Hiroshi Kawaguchi, Takahide Kurokawa, “The Effects of Repetitive Pulsed Magnetic Stimulation on Osteoblast-like Cells.” 12th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society Abstract Book :185, 1998.
9) Hiroko Kotani, Yuko Yanagisawa, Tatsuo Nagai, “Studies on the Orosomucoid Genetic Marker of Human Serum Protein and Application to Forensic Science”, Second International Congress of Legal Medicine, Toxicology and Forensic Sciences Abstracts p.37, December 1994. 
10) Masakazu Iwasaka, Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Kimiko Takahashi, Joji Ando, “Magnetically Guided orientation of endothelial cells and smooth muscle cells.” 22th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society Abstract Book :156-7, 2000.
11) Mari I Ogiue-Ikeda, Akinori Umeno, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, “Magnetic orientation depends on the type of the cell” 23th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society Abstract Book :207, 2002.
12) Akinori Umeno, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno “Quantification of adherent cell orientation and morphology under strong magnetic fields.” The 8th Joint MMM-Intermag Conference Abstract Book :523-4, 2001
13) Mari I Ogiue-Ikeda, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Yuko Sato “Inhibition of leukemia cell growth under magnetic fields of up to 8 T.” The 8th Joint MMM-Intermag Conference, Abstract Book :524, 2001
14) Masakazu Iwasaka, Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, “Control of adherent cell orientation using magnetic orientation of protein fibers” Proceedings of the Third Meeting of International Symposium on New MAGNETO-SCIENCE on Chemical:246, 1999.
15) Tatsuo Nagai, Hiroko Kotani, Yuko Yanagisawa, Franciska Koenczoel and Laszlo Harsanyi, “Morphological Examination of Local Lesion by Hanging Suicide”, Acta. Crim. Japon., 62 : 23-29, 1996.

論文・総説(査読なし論文)
邦文 35本
1) 小谷博子、前野崇、上野照剛、斎藤正男「子育て行動中の母親の脳波」生体医工学会42(Suppl.1) 2004
2) 小谷博子、梅野顕憲、岩坂正和、上野照剛「静磁場は方向を制御しながら骨形成を促進する」、第26回日本応用磁気学会学術講演概要集:, 2002.9.
3) 小谷博子、星和人、川口浩、上野照剛「静磁場による骨形成の促進」第17回生体生理・工学シンポジウム論文集:275-6, 2001
4) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛「変動磁場および静磁場の骨形成に対する効果の違い」日本生体磁気学会誌14 (1):275-6, 2001
5) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛、星和人、川口浩、中村耕三「パルス磁場および静磁場の異所性骨化に及ぼす効果」、医用電子と生体工学 39 (Suppl):660, 2001.
6) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛、川口浩、星和人、中村耕三、小澤英浩「骨芽細胞の磁場による配向制御について」第28回 日本生体電気刺激研究会抄録集:27, 2001
7) 小谷博子、梅野顕憲、岩坂正和、川口浩、中村耕三、上野照剛「磁場配向現象を用いた細胞の制御」日本機械学会 第13回バイオエンジニアリング講演会講演論文集:168-9,2001
8) 小谷博子、川口浩、星和人、岩坂正和、小澤英浩、中村耕三、上野照剛「強磁場は同一方向に配向したコラーゲン上の骨芽細胞の分化を誘導して骨形成を促進する」日本骨代謝学会雑誌, 18 (2):57, 2000
9) 小谷博子、川口浩、星和人、岩坂正和、小澤英浩、中村耕三、上野照剛「磁気刺激とマウス骨形成」運動療法と物理療法, 11 (3):178, 2000
10) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛「付着細胞の磁場配向」、第24回日本応用磁気学会学術講演概要集:268, 2000.
11) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、中村耕三「骨芽細胞の磁場配向現象の発見」、日本生体磁気学会誌, 13 (1):278-9, 2000
12) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、中村耕三 「コラーゲン磁場配向現象による骨芽細胞培養」、医用電子と生体工学 38 (Suppl):127, 2000.
13) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛「細胞の磁場配向と医療応用の検討」、電気学会研究会資料MAG-00-89:19-22, 2000.
14) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、田中栄、中村耕三「骨芽細胞の磁場による配向制御について」第27回 日本生体電気刺激研究会抄録集:25, 2000.
15) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、田中栄、中村耕三、Adam Curtis「コラーゲンおよび骨芽細胞の磁場配向」、第23回 日本応用磁気学会学術講演概要集:102, 1999.
16) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、田中栄、中村耕三、Adam Curtis「直流磁界中におけるコラーゲンおよび骨芽細胞の磁界配向」、電気学会研究会資料MAG-99-108:85-89, 1999.
17) 小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩、中村耕三 「電磁場刺激が培養骨芽細胞のタンパク量に及ぼす影響」、日本生体磁気学会誌, 12 (1):116-7, 1999
18) 小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩、中村耕三 「連続パルス磁気刺激の培養骨芽細胞に対する作用」、医用電子と生体工学 37 (Suppl):262, 1999.
19) 小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩、中村耕三 「連続パルス磁気刺激による骨芽細胞の変化」、第22回 日本応用磁気学会学術講演概要集:370, 1998.
20) 小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩、中村耕三、黒川高秀 「マウス骨芽細胞株のALP活性に対する連続パルス磁気刺激の影響」、日本生体磁気学会誌, 11 (1):146-147, 1998.
21) 小谷博子、上野照剛、田中 栄、川口 浩、黒川高秀「連続パルス磁気刺激の培養骨芽細胞に及ぼす影響」、医用電子と生体工学 36 (Suppl):515, 1998.
22) 小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩 、黒川高秀 「骨粗鬆症予防に関わる生体磁気刺激法の効果」、:Symposium on MAGNETIC SCIENCE ‘97 Proceeding of the First Meeting:303-308, 1997.
23) 小谷博子、高田昴、相澤好治、中村賢、苅部ひとみ、井口奈都子、小谷誠、門脇武博、片桐裕史、「肺内磁性粒子の動態に対する酸化ガリウム気管内投与の影響」、電気学会 マグネティクス研究会資料 MAG-93-239:9-14 , 1993
24) 小谷博子、高田昴、相澤好治、苅部ひとみ、高野奈都子、眞下紀美代、小谷誠、「In vitro磁界測定による緩和の検討」、電気学会 マグネティクス研究会資料 MAG-94-48:105-108, 1994 .
25) 岩坂正和、竹内道広、小谷博子、上野照剛「生体高分子・細胞の磁場配向」、第42回放射線影響学会 講演要旨集:, 1999
26)長井辰男、柳澤裕子、小谷博子、「法規制植物『ケシ』の真菌汚染とその危険生:法中毒学者への示唆」、法中毒 14 (1):13-16 . 1996.
27) 相澤好治、高田昴、苅部ひとみ、巽洋、井口奈都子、井上葉子、杉浦由美子、眞下紀美代、小谷博子、小谷誠、「肺磁界測定による肺障害評価ーシリカとガリウム砒素ー」 臨床環境医学 2(1):56, 1993.
28) 梅野顕憲、池田真理、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「強静磁場曝露下での付着細胞培養における細胞の配向秩序の定量的解析」、医用電子と生体工学 39 (Suppl):498, 2001.
29) 池田真理、小谷博子、岩坂正和、佐藤裕子、上野照剛「白血病細胞の増殖に対する磁場影響」、医用電子と生体工学 39 (Suppl):380, 2001.
30) 岩坂正和、山本希美子、小谷博子、安藤譲二、上野照剛「血管細胞の磁場配向による細胞積層構造の構築―人工血管壁への応用を目指して―」、電気学会研究会資料MAG-00-212:55-60, 2000.
31) 梅野顕憲、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「付着細胞単独での磁場配向の解析とメカニズム解明」、電気学会研究会資料MAG-00-211:49-53 , 2000.
32) 梅野顕憲、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「線維芽細胞の磁場配向現象とその解析」、第24回日本応用磁気学会学術講演概要集:269, 2000.
33) 岩坂正和、小谷博子、梅野顕憲、上野照剛「付着細胞磁場配向の機構は磁化率異方性か?磁気対流?」、第24回日本応用磁気学会学術講演概要集:267, 2000.
34) 岩坂正和、山本希美子、小谷博子、梅野顕憲、上野照剛、安藤譲二「血管壁の細胞配向性向上のための磁場配向応用」、第24回日本応用磁気学会学術講演概要集:263, 2000.
35) 梅野顕憲、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「2次元配向度の定量的解析と線維芽細胞の磁場配向」、秋期第61回 応用物理学会学術講演会概要集, 北海道, 2000.9.4.

口頭発表
国際学会 23本, 国内学会 44本

国際学会 23本
1) Hiroko Kotani, Hidenori nakagawa : Effects of baby massage on mothers after childbirth. The 11th World Congress of World Association for Infant Mental Health. Yokohama, August, 2008.
2) Hiroko Kotani, Takashi Maeno, Shogoo Ueno, Masao Saito, Iku Nemoto : The Measurement of Brain Wave on Mothers after Childbirth. International Conference on Biomagnetism 2008 (Biomag 2008). Sapporo, August, 2008.
3)Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Kazuto Hoshi, Hiroshi Kawaguchi, Kozo Nakamura, Shoogo Ueno, "The effects of strong static magnetic fields on ectopic bone formation" The 27th General Assembly of the International Union of Radio Science (URSI) , Maastricht, The Netherlands, 2002.8. 22.
4) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, K. Hoshi, Kozo Nakamura, Hiroshi Kawaguchi “The effects of strong static magnetic fields on bone formation.” 24th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society, Quebec, Canada, 2002.6. 25.
5) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Kimiko Takahashi, Joji Ando “Orientation of osteoblasts and endothelial cells on magnetically oriented protein fibers.” World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,, Chicago, U.S.A., 2000.7.25.
6) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, “The magnetic control of osteoblasts after exposure to 8 T Magnetic fields.” World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,.Chicago, U.S.A., 2000.7.25.
7) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Hiroshi Kawaguchi, Kozo Nakamura, “Control of osteoblast orientation by magnetic field.” 22th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society, Munich, Germany, 2000.6.15.
8) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Adam Curtis “The control of osteoblast orientation by using the magnetic orientation of collagen” 4th International Conference on Cellular Engineering, Nara, Japan, 1999.12.1.
9) Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Adam Curtis “Magnetic orientation of collagen and bone mixture” 44th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials, San Jose, USA, 1999.11.17.
10) Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Sakae Tanaka, Hiroshi Kawaguchi, Kozo Nakamura, “Measurements of protein contents and alkaline phosphatase activities of osteoblast-like cells exposed to repetitive pulsed magnetic feilds” The 2nd Japanese Romanian Joint Seminar on Applied Electromagnetics and Mechanics (JRJSAEM’98), Gunma, Japan, 1998.11.17.
11) Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Sakae Tanaka, Hiroshi Kawaguchi, Takahide Kurokawa, “The Effects of Repetitive Pulsed Magnetic Stimulation on Osteoblast-like Cells.” 12th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society, Florida, USA, 1998.6.7.
12) Hiroko Kotani, Yuko Yanagisawa, Tatsuo Nagai, “Studies on the Orosomucoid Genetic Marker of Human Serum Protein and Application to Forensic Science” Second International Congress of Legal Medicine, Toxicology and Forensic Sciences, Marriott Hotel , Cairo, Egypt, 1994.12.15.
13)Hidenori Nakagawa, Tsuyoshi Shiina, Makoto Kotani, Hiroko Kotani, Shoogo Ueno: Structural and antioxidative stabilities of liposomal nanocapsuls in membrane physicochemical properties. 25th Scientific Conference of the Society for Physical Regulation in Biology and Medicine, Honolulu, USA, January, 2007.
14) Hidenori Nakagawa, Toshie Takahashi, Hiroko Kotani, Masaki Sekino, Makoto Kotani, Shoogo Ueno: Improvement of Stabilization and Cell Fusion Potential of Paramagnetic liposomes for the Application to Drug Delivery System. 15th International Conference on Biomagnetism, Vancouver, Canada, August, 2006.
15) Hidenori Nakagawa, Hiroko Kotani, Sachiko Yamaguchi, Masaki Sekino, Shoogo Ueno Nuclear magnetic resonance relaxation study of paramagnetic liposomal nanocapsules and in vivo effects in mice. 28th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society Cancun, Mexico June, 2006.
16) Hidenori Nakagawa, Sachiko Yamaguchi, Masaki Sekino, Hiroko Kotani, Shoogo Ueno Structural characterization and therapeutical application of paramagnetic liposomes. 24th Scientific Conference of the Society for Physical Regulation in Biology and Medicine Cancun, Mexico January, 2006.
17) Nakagawa H, Kotani H, Sekino M, Ueno S: Preparation of magnetic unilamellar vesicles and application for drug delivery system. 50th Annual Conference on Magnetism & Magnetic Materials, San Jose, USA, November, 2005.
18) Nakagawa H, Sekino M, Kotani H, Ueno S: Therapeutical application of paramagnetic liposomes for drug delivery system. International Symposium on Magneto-Science 2005, Yokohama, Japan, November, 2005.
19) Mari I Ogiue-Ikeda, Akinori Umeno, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, “Magnetic orientation depends on the type of the cell” 23th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society, Minnesota, USA, 2001.6.13.
20) Akinori Umeno, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno “Quantification of adherent cell orientation and morphology under strong magnetic fields.” The 8th Joint MMM-Intermag Conference, San Antonio, USA, 2001.1.11.
21) Mari I Ogiue-Ikeda, Hiroko Kotani, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Yuko Sato “Inhibition of leukemia cell growth under magnetic fields of up to 8 T.” The 8th Joint MMM-Intermag Conference, San Antonio, USA, 2001.1.11.
22) Masakazu Iwasaka, Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, Kimiko Takahashi, Joji Ando, “Magnetically Guided orientation of endothelial cells and smooth muscle cells.” 22th Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society, Munich, Germany, 2000.6.15.
23) Masakazu Iwasaka, Hiroko Kotani, Shoogo Ueno, “Control of adherent cell orientation using magnetic orientation of protein fibers” Workshop on Chemical, Physical and Biological Processes under High Magnetic Fields (IWCPB-HMF'99), 1999.11.24-26.

口頭発表
国内学会 44本
1) 小谷博子 「親子の絆を深めるベビーマッサージ」第48回日本母性衛生学会総会2007.10
2)小谷博子、安藤敬子、的場晴美、中澤淳子、「出産施設の違いによる母乳育児継続について」日本母乳の会 母乳育児シンポジウム 2006.8.5-6. 東京
3)小谷博子、黒沢学 「出産・分娩時のケアが出産の満足度に与える影響」日本教育心理学会 2006.9.16-18. 岡山
4)小谷博子「ベビーマッサージの母親に与える効果の検討」第5回日本赤ちゃん学会学術集会、札幌、2005年、7月2-3日
5)小谷博子、前野崇、上野照剛、斎藤正男「子育て行動中の母親の脳波」第43回日本エム・イー学会、金沢、2004.5.18.
6)黒沢学、小谷博子「乳児における規準喃語と交互注視の発達およびその機序」第46回、日本教育心理学会、富山、2004.10.9.
7)小谷博子、斎藤正男「産後の母親と乳児に対するベビーマッサージの効果」第42回日本エム・イー学会、2003.6.3-5.札幌
8) 小谷博子、斎藤正男「産後の母親と乳児への生活支援」生活支援工学系学会連合大会
5月17日、名古屋
9)小谷博子、斎藤正男「ベビーマッサージにおける乳児および親の体表面温度の変化」第5回日本ヒト脳機能マッピング学会大会2003.3.18.つくば
10)小谷博子、斎藤正男「産後の母親を支えるベビーマッサージの効果」人と福祉を支える技術フォーラム2003(第3回育児工学研究会)2003.3.1.東京
11) 小谷博子、梅野顕憲、岩坂正和、上野照剛「静磁場は方向を制御しながら骨形成を促進する」第26回 日本応用磁気学会大会, 東京, 2002.9.18.
12) 小谷博子、星和人、川口浩、上野照剛「静磁場による骨形成の促進」第17回生体生理・工学シンポジウム、札幌、2002.9. 10.
13) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛「変動磁場および静磁場の骨形成に対する効果の違い」第16回日本生体磁気学会、東京、2001.6. 2
14) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛、星和人、川口浩、中村耕三「パルス磁場および静磁場の異所性骨化に及ぼす効果」第40回日本ME学会大会、名古屋、2001.5.11.
15) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛、川口浩、星和人、中村耕三、小澤英浩「骨芽細胞の磁場による配向制御について」第28回日本生体電気刺激研究会、東京、横浜、2001.2.24
16) 小谷博子、岩坂正和、川口浩、中村耕三、上野照剛「磁場配向現象を用いた細胞の制御」日本機械学会 第13回バイオエンジニアリング講演会、仙台、2001.1.17.
17) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛「付着細胞の磁場配向」、第24回 日本応用磁気学会大会, 東京, 2000.9.13.
18) 小谷博子、川口浩、星和人、岩坂正和、小澤英浩、中村耕三、上野照剛「強磁場は同一方向に配向したコラーゲン上の骨芽細胞の分化を誘導して骨形成を促進する」第18回日本骨代謝学会、広島、2000.7.20.
19) 小谷博子、川口浩、星和人、岩坂正和、小澤英浩、中村耕三、上野照剛「磁気刺激とマウス骨形成」第12回日本理学診療医学会/主題、神戸、2000.7.8
20) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、中村耕三「骨芽細胞の磁場配向現象の発見」第15回日本生体磁気学会、つくば、2000.5.26.
21) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、中村耕三「コラーゲン磁場配向現象による骨芽細胞培養」第39回日本ME学会大会、東京、2000.5.19.
22) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛「細胞の磁場配向と医療応用の検討」、電気学会マグネティックス研究会, 仙台, 2000.4.27.
23) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、田中栄、中村耕三「骨芽細胞の磁場による配向制御について」第27回日本生体電気刺激研究会、東京、2000.2.19.
24) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、田中栄、中村耕三、Adam Curtis 「コラーゲンおよび骨芽細胞の磁場配向」、第23回 日本応用磁気学会大会, 北九州, 1999.10.5.
25) 小谷博子、岩坂正和、上野照剛 、川口浩、田中栄、中村耕三、Adam Curtis「直流磁界中におけるコラーゲンおよび骨芽細胞の磁界配向」、電気学会マグネティックスリニアドライブ合同研究会, 盛岡, 1999.9.16.
26) 小谷博子、上野照剛、田中栄、川口浩、中村耕三 「電磁場刺激が培養骨芽細胞のタンパク量に及ぼす影響」、第14回 日本生体磁気学会大会, 岡崎, 1999.5.24 .
27) 小谷博子、上野照剛、田中栄、川口浩、中村耕三 「連続パルス磁気刺激の培養骨芽細胞に対する作用」、第38回 日本ME学会大会, 仙台, 1999.4.21 .
28) 小谷博子、上野照剛、田中栄、川口浩、中村耕三 「連続パルス磁気刺激による骨芽細胞の変化」、第22回 日本応用磁気学会大会, 札幌, 1998.9.22 .
29) 小谷博子、上野照剛、田中栄、川口浩、中村耕三、黒川高秀 「マウス骨芽細胞株のALP活性に対する連続パルス磁気刺激の影響」、第13回 日本生体磁気学会大会, 東京, 1998.5.23 .
30) 小谷博子、上野照剛、田中栄、川口浩、黒川高秀 「連続パルス磁気刺激の培養骨芽細胞に及ぼす影響」、第37回 日本ME学会大会, 岡山, 1998.5.15 .
31) 小谷博子、上野照剛 、田中栄、川口浩 、黒川高秀 「骨粗鬆症予防に関わる生体磁気刺激法の効果」、科学技術振興事業団 第1回 新磁気科学シンポジウム, 埼玉, 1997.11.30 .
32) 小谷博子、高田昴、相澤好治、中村賢、苅部ひとみ、井口奈都子、小谷誠、門脇武博、片桐裕史、「肺内磁性粒子の動態に対する酸化ガリウム気管内投与の影響」、電気学会 マグネティクス研究会, 東京電機大学, 1993.11.30.
33) 小谷博子、高田昴、相澤好治、苅部ひとみ、高野奈都子、眞下紀美代、小谷誠、「In vitro磁界測定による緩和の検討」、電気学会 マグネティクス研究会,福岡, 1994.3.10.
34)中川秀紀、小谷誠、関野正樹、小谷博子、上野照剛「常磁性リポソームの安定化および膜融合能の改善に関する研究」 第21回日本生体磁気学会大会、東京、2006年6月
35)中川秀紀、関野正樹、小谷博子、上野照剛「微細藻類由来抗酸化性物質の生体膜動態に関する研究」第29回日本応用磁気学会学術講演会、長野、2005年9月
36) 梅野顕憲、池田真理、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「強静磁場曝露下での付着細胞培養における細胞の配向秩序の定量的解析」第40回日本ME学会大会、名古屋、2001.5.11
37) 池田真理、小谷博子、岩坂正和、佐藤裕子、上野照剛「白血病細胞の増殖に対する磁場影響」第40回日本ME学会大会、名古屋、2001.5.9.
38) 岩坂正和、山本希美子、小谷博子、安藤譲二、上野照剛「血管細胞の磁場配向による細胞積層構造の構築―人工血管壁への応用を目指して―」、電気学会マグネティックス研究会, 秋田, 2000.9.27
39) 梅野顕憲、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「付着細胞単独での磁場配向の解析とメカニズム解明」、電気学会マグネティックス研究会, 秋田, 2000.9.27
40) 梅野顕憲、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「線維芽細胞の磁場配向現象とその解析」、第24回 日本応用磁気学会大会, 東京, 2000.9.13.
41) 岩坂正和、小谷博子、梅野顕憲、上野照剛「付着細胞磁場配向の機構は磁化率異方性か?磁気対流?」、第24回 日本応用磁気学会大会, 東京, 2000.9.13.
42) 岩坂正和、山本希美子、小谷博子、梅野顕憲、上野照剛、安藤譲二「血管壁の細胞配向性向上のための磁場配向応用」、第24回 日本応用磁気学会大会, 東京, 2000.9.13
43) 梅野顕憲、小谷博子、岩坂正和、上野照剛「2次元配向度の定量的解析と線維芽細胞の磁場配向」、秋期第61回 応用物理学会学術講演会, 北海道, 2000.9.4.
44) 岩坂正和、竹内道広、小谷博子、上野照剛「生体高分子・細胞の磁場配向」、第42回放射線影響学会、広島、1999.9.3


メデイア
新聞 28本
1)朝日新聞 日曜版「be」Be on Sunday 元気のヒミツ 11月2日
 「ベビーマッサージ -手順よりも触れあい大切に-」2008.11.2.
2)大学新聞社 7月号 「子育て支援を工学から」
3)朝日新聞朝刊 6/12(木) 「未来のママへ「育児工学」 東京電機大 脳波計・サーモ・・・経験則検証し講座」
4)サンケイ新聞3月5日朝刊 「自分らしいお産に挑戦-命の力強さ実感」
5)小谷博子 溶けゆく日本人 産経新聞 朝刊 生活面 2007.11.19
6)小谷博子 おっぱい卒業 悲喜こもごも 読売新聞 朝刊 生活面 2007.10.29.
7)小谷博子 「自分らしい出産育児で、ハッピーライフを!」紹介 読売新聞 朝刊 生活面 2007.9.12.
8)小谷博子 「自分らしい出産育児で、ハッピーライフを!」紹介 東京新聞 朝刊 生活面 2007.9.7
9)小谷博子「自分らしい出産育児で、ハッピーライフを!」紹介 朝日新聞 朝刊 生活面 2007.9.7. 36
10)読売新聞 妊娠中の講座で心強く 読売新聞 生活欄 2006.3.6
11)朝日新聞 「悩む母親たちを後押し〜小谷博子・東京電機大研究員=育児工学」2006.1.30.
12)朝日新聞 「子育て情報、人気で増刷」2006.1.15.
13)朝日新聞 「赤ちゃんだって乗り心地―ベビーカー選びの基準は?」 2005.6.12.
14)地域新聞「ラクティナクラブ紹介」2005年3月11日号 P .1
15)北海道新聞「母親にも安心効果 ベビーマッサージ」2004.12.21.
16)読売新聞「“おっぱい卒業“っていつなの?」2004.11.1.朝刊
17)山形新聞「ベビーマッサージ ―子にも母にも効果あり」2004.10.15.朝刊
18)岐阜新聞「母親の育児不安解消」2004.10.4.朝刊
19)西日本新聞「母親の育児不安も軽減」2004.10.4.朝刊
20)しんぶん赤旗 「ひと“育児工学でお母さんを支援する”小谷博子さん」2004.6.10.朝刊
21)ふれあい毎日「楽しく子育て! 新分野“育児工学”の小谷博子さん」2004.5.24.発行号
22)東都よみうり「“育児工学”駆使して母親たちを支援」 2004.5.7.
23)千葉日報「母のぬくもり安らぐ子ども ベビーマッサージ講座好評」 2004.1.6.朝刊
24)読売新聞「ベビーマッサージが人気」2004年4月10日・朝刊
25)朝日新聞 2004.2.14.夕刊 「なでれば母もリラックス」
26)産経新聞 2004.1.30.「正しい知識で子育て情報選択」
27)読売新聞 2003.11.4.朝刊 「正しい育児知識広めたい」
28) 広報いんざい 2003.9.15. 「子育てをする親同士の輪ひろがる」

雑誌・冊子 45本
1) NHK出版「すくすく子育て」テキスト12月号(11/15発売)
 SukuSukuインタビュー「小谷博子さん」
2) 朝日新聞社(AERAwithBABY編集部) anetis 秋号 (11月中旬発行)
  「ベビーマッサージでふれあいコミュニケーション」 
3)朝日新聞社「AERA with BABY」2008春号 (4/15発売)
  「子育ては永遠の脳トレ!」
4)小児科臨床4月号 (3/15発売)
  「育児の基本は「我が子に触れる」こと」
5)小谷博子「出産経験のある私だからできるママと赤ちゃんの幸せのための研究を続けてゆきたい」学研 おはよう赤ちゃん 3月号 2008.2.15.
6)小谷博子 「受容と共感」 むすんでひらいて編みなおしてー関係づくりを育む子育て支援―(財団法人 日本女性学習財団 発行)
7)小谷博子 活動の拠点は大学の研究室〜母乳育児支援講座「ラクティナクラブ」〜育児通信(桶谷式乳房管理研鑽会 機関誌)2007.12.1. 2-3
8)小谷博子 イベント報告「自分らしい出産育児で、ハッピーライフを!」未来通信(仕事と女性の未来館 機関誌) 2007.12.1.  13
9)小谷博子 赤ちゃんうっとり、ベビーマッサージBOOK 学研 おはよう赤ちゃん 6月号 別冊付録 2007.5.15. 1-16
10)小谷博子 現代を生きる女性には、データに基づく子育て論を 世論時報 4月号 2007.4.1.  34-35
11)小谷博子 いつかママになるときのために、知っておきたい出産&育児のこと マガジンハウス anan 5月20日号 2007.5.20. 86-88
12)小谷博子「育児に優しい社会環境を」ACADEMIA(社団法人全国日本学士会会誌) NO.102 p.22-26. 2007.2.26発行
13)小谷博子 「子育て」どっちが得DEショー!? 光文社 女性自身 3月20日号 2007.3.20 61-66
14)小谷博子 特別企画インタビュー小谷博子さん ベネッセ たまごクラブ3月号 別冊付録「妊娠・出産のきがかりを喜びに変える205人の体験集」2007.2. 80-81
15)小谷博子「触れ合って癒されるー育児ストレスを和らげるベビーマッサージ」 朝日新聞社 AERAwithBABY Vol.1 2007.1. 58-61
16)小谷博子「人生変えちゃう!ハッピー産レポート」 講談社 THEデザート 2月号2007.1. 243-284
17)小谷博子「女性に正しい情報を!〜研究テーマは育児です〜」PHPスペシャル 1月号2006.12. 96-100
18)小谷博子「夢に向かって」ゆきわ会(鴎友学園)会報 Vol. 74 2006.12. 15
19)小谷博子「幸せつかんだ10代の妊娠と結婚」 講談社デザート1月号2006.11.208-211
20)小谷博子「すてきなワーキングママ 小谷博子さん “自分軸をしっかり持って前向きに生きていれば、道は必ず開けるはず”」job Mom Style 2006 創刊号2006.118-10
21)小谷博子 女の脳、母親の脳は男と違う賢さがある パルシステム生活協同組合連合会 POCO21 11月号 2006.10.2−7
22)小谷博子 頑張ってます! 女性技術者のリレーエッセイ 「追い風に乗ってさらに前進!「育児工学」の研究を子育て支援に」オーム社 新電気 8月号2006.8.1. 52-53
23)小谷博子 波乗り気分で陣痛の痛みはなくなります。助産師さんとの出会いを大切にして 学研 おはよう赤ちゃん ムック 妊娠生活(後期)2006.5.15. P.36
24) 小谷博子 このひと 小谷博子さん ラクティナクラブ代表 日本女性学習財団 We Learn(ウィラ―ン)5月号(No.642) 2006.5.1. 21
25) 小谷博子 ママもお友達をつくりましょう 赤ちゃんとの外出 月刊 赤ちゃんとママ 7月号 2006.6.25. P.26
26) 小谷博子 赤ちゃんもママも気持ちいい ―ベビーマッサージ― 月刊 赤ちゃんとママ 6月号 2006.5.25. P.26
27)小谷博子 抱っこのチカラ 月刊 赤ちゃんとママ 5月号 2006.4.25. P.26
28)NHK教育テレビ「すくすく子育て」テキスト2005年9月号「こんなに快適!スリングでの抱っこ」P.17
29)赤ちゃんとママ2005年9月号 巻頭特集「ベビーカーでお出かけ〜乗り物での安全で気持ちいい利用のしかた〜」p.2-7
30)学研おはよう赤ちゃん 2005年7月号「赤ちゃんの脳と心を育てる50のヒント」p.16-21
31)日本ベビースリング協会パンフレット「第2子にして、念願のスリング生活」2005年初夏発行
32)NHK教育テレビ「すくすく子育て」テキスト2005年5月号「ベビーカーの達人〜あなたは上手に使っていますか?」P.26-33
33)ウォーグ ジャポン2005年5 月号 別冊Voage Angel 「A Magic Touch 〜癒されるのは親のほう!? フシギなベイビーパワー。〜」p.42-45
34)北総アメニティ2005年2月25日号「子育て万歳!! 悩む母親たちを応援」P.15
37)こども未来財団(財団法人こども未来財団)2004年9月号P.5
 「ベビーマッサージで親子のスキンシップを深める」
38)日本女性技術者フォーラムニュース NO.35 P.1-2
「育児と最新工学 ―電機大学千葉ニュータウンキャンパス見学会―」
2004年5月15日発行号
39)童心社「母のひろば」480号「子育てを科学する」2004.5.7.発行
40)ロゼッタストーン 17号「ベビーマッサージでママもリラックス!」2004.5.1.発行
41)薫通信(助産院「薫」会報)4月号p.1-2「ベビーマッサージの効果って何だろう?」2004.4.発行
42)「学苑」(東京電機大学後援会誌) 54号 P.6「母親研究者だからこそできること-千葉ニュータウンでの子育て支援と育児工学研究」
43)まなこ(武蔵野市企画政策室) 54号 P.6「知っていますか? “育児工学”」
2004.3.31.発行
44)日本女性技術者フォーラムニュース 2003年 春号「育児は育児」
45)日本女性技術者フォーラムニュース「子育てしながら研究をがんばっています!」2002年春号

テレビ 17本
1) 小谷博子 日本テレビ ニュースリアルタイム 
   特集「0歳児教育」 2月12日放送  
  インタビュー、神田キャンパスでの講座の様子
2) 小谷博子 テレビ出演「育児に科学の視点をーママ研究員の挑戦」 NHK総合 テレビ「首都圏ネットワーク」2008.1.15. PM6:30- 7:00
3)フジテレビ・スーパーニュース ウィークエンド「スリングで子育てが変わる!?」2005年10月15日(土)放送
4)NHK教育テレビ「すくすく子育て」 特集「抱っこのチカラ」2005年9月10日(土)放送
5)NHK教育テレビ「すくすく子育て」 特集「ベビーカーの選び方―ライフスタイルを見直そう」2005年5月7日(土)放送
6)子育て支援番組「ほっぺにチュッ!」ジャパンケーブルネットワーク葛飾
 小谷博子レギュラー番組(2005年12月より2008年3月まで放送)
   (JCN系列テレビ局にて、15分間番組 月〜日曜日まで毎日一日4回放送)
  @ 第1回放送 「ベビーマッサージ」 小谷博子
  A 第2回放送 「スリング 1」 小谷博子、藤原真希枝 
  B 第3回放送 「スリング 2」 小谷博子、藤原真希枝 
  C 第4回放送 「スリング 3」 小谷博子、藤原真希枝
  D 第5回放送 「骨盤ケア 1」 小谷博子、吉川元子
  E 第6回放送 「骨盤ケア 2」 小谷博子、吉川元子
  F 第7回放送 「骨盤ケア 3」 小谷博子、吉川元子
  G 第8回放送 「ベビーカーの選び方」 小谷博子
  H 第9回放送 「母乳育児の基本」小谷博子
  I 第10回放送 「母乳育児トラブル対処法 1」小谷博子、柳澤美香
  J 第11回放送 「母乳育児トラブル対処法 2」小谷博子、柳澤美香
  K 第12回放送 「病院の選び方」小谷博子、清水陽一 

ラジオ 1本
1)小谷博子 ラジオ出演「働くママを応援しますー小谷博子さんー」
  NHKFM千葉放送局「まるごと千葉60分」2007.6.20. PM6-7 20分間

DVD 2本
1)DVD「東大Women−理系で輝く!」東京大学男女共同参画オフィス制作 
  小谷博子「子育ての未来の扉を開く鍵」2008年3月発行  
2)DVD「心が伝わるはじめてのベビーマッサージ」(株)デイトリッパー制作
  小谷博子「ベビーマッサージの効果」2007年1月発行 


     
posted by 小谷博子 at 05:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする